このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

「広報とよかわ」2016年7月号(MY COLOR)

更新日:2016年7月1日

MY COLOR

きらっと☆とよかわっ!輝くひとVol.16
さまざまな分野で活躍する豊川市出身のトップランナーを紹介します

読者と真剣に向き合い面白い絵本を描き続けたい

〈絵本作家〉壁谷 芙扶さん

壁谷 芙扶さんの写真1

小さい頃から絵を描くことが大好きだったという壁谷さん。親戚のおばさんに「絵が上手だから、絵を描く仕事をしたらいい」と言われたことがずっと心に残り、将来は絵の仕事をしようと、美術系の短大に進んだ。

卒業後、地元では希望にかなう絵の仕事が無かったため、やむなく服飾関係の会社に就職した。5年が過ぎた頃、やはり絵の仕事を諦めきれず、仕事の傍らイラストレーターの学校に通い始めるも、その矢先に、会社をリストラ。これを機に、自宅で精力的に絵を描く日々を過ごした。そして、憧れだった子ども向けファッション誌「VOGUE bambini(ヴォーグ・バンビーニ)」に当たって砕けろの精神で絵を送ったところ、まさかの採用。念願だったイラストレーターとしての仕事が始まった。

その後、両親の後押しもあり、本格的に絵の仕事をするため上京を果たすものの、仕事の当てがあるわけではなかった。ひたすら出版社に絵を売り込む中で、「絵を描くためには、どんなことでも体験したほうがよい」という先輩からのアドバイスもあり、何でも前向きに取り組んだ。この結果、少しずつ仕事の依頼が増え、大手スーパーの広告デザインを任されるまでになる。しかし、「実力不足だった」というように、相手の高度な要望に応えることができず、気が付くと仕事がまったく無くなっていた。

そんな折、展覧会の作品を見た出版社から絵本の依頼を受ける。全力で取り組んだデビュー作が、国際的な絵本原画展で入選し、名前が知られることとなった。

絵本作家となり数年が経った頃、ベテラン編集者から「君は本を買ってもらうということが分かっていない」とプロ意識の甘さを指摘された。このことで、絵本を作ることの責任を強く感じるようになったという。「読者と誠心誠意向き合うことをたいせつにし、自分が面白いと思う作品を作っていきたい」と思いを込める。

「将来は、豊川にアトリエを建てて、子どもの頃の出来事を題材にした絵本をつくりたい」と語る壁谷さん。これからも、楽しい絵本を送り出してくれる彼女を応援したい。

プロフィール

壁谷 芙扶(かべや ふよう)

国府保育園、国府小、西部中、光ヶ丘女子高校、名古屋造形芸術短期大学を卒業。民間企業を経てイラストレーターとして独立。処女作「だったらいいな」がボローニャ国際絵本原画展で入賞。2016年には国府保育園を舞台に絵を描いた「へそのかくれが(文時中西 翠、出版社時アリス館)」を出版

お問い合わせ

企画部 秘書課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2121 ファックス:0533-89-2124

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る