このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

野生動物から農作物の被害を防ぐには

更新日:2021年6月7日

有害鳥獣対策にご協力を

柿や栗などの果実が未収穫のまま放置された畑は、サルなどの有害鳥獣のエサ場となります。こうした畑が増えることで有害鳥獣が生活する範囲が拡大し、被害が増大することにつながります。このような被害を防ぐためには、自己防衛がたいへん重要です。

夏季野菜の収穫期、水稲の出穂期を迎え、町内各地で野生動物(サル・シカ・イノシシ)による被害が出ています。
被害の多いサル・シカ・イノシシについて、どのような食性をもっているか。また、どのような被害の防止をしたらよいのでしょうか。以下のことを、被害防止の参考にしてください。

サル

食性

  • 植物が主食であり、キノコ類や昆虫など動物質も食べる雑食性。
  • 栄養がよく、効率的にたくさん食べることができる食物を好む。

被害の防止

  • 防護柵、電気柵など、耕作地へ向かうサルの移動経路を遮断する。
  • 電気柵の周囲にミョウガ、サンショ、トウガラシなどの刺激臭のする作物を植える。
  • 爆発器やロケット花火で威嚇の単純な繰り返しは馴れてしまい数日後には効果がなくなるので、慣れを防ぐには、次のようなことが考えらます。
    1.音の強度や種類を変える(不快感や警戒心を呼び起こす音)
    2.音を出す頻度やタイミングを変える
    3.爆発器等の位置を変えたり動きを加えたりする

シカ

食性

  • シカはウシと同じ反芻(はんすう)動物であり、さまざまな植物をエサにし、その数は1,000種類を超える。
  • イネ、ムギ、ダイズ、トウモロコシ、根菜など

被害防止

  • 電気柵やネット柵を設置する、柵の高さは、2メートル以上は必要。
  • かかしや強いにおい(犬の糞尿など)のするものを置くと、警戒してしばらくの間はでてこないが、危害がないことが分かると、農地の中に入り込んでくる。
  • 休耕地の雑草が餌付けされていると、ついでに農作物も食べる。雑草量を減らすのが先決であり、雑草にも配慮した柵の設置と管理が必要。

馴れを起こさないことが重要

イノシシ

食性

  • 植物質から動物質まで、広範囲のものを食料とする雑食性を示す。作物は最高の食べ物。
  • 殻類:水稲、トウモロコシ、ムギ、豆類
  • 野菜類:タケノコ、イモ類

被害防止

  • 防護柵

トタン、シート、ネットや漁網などを設置するいくつかの侵入防止技術を組み合わせて、それぞれの防止技術の弱点を補うよう配置する。
(例:トタンで作物を囲い、30から40センチメートル離れた周囲に電気柵を設置する。)

補助制度

農作物の被害を防止するために、電気柵の設置及び捕獲檻の設置に対し、補助金制度がありますのでご利用ください。

  • 電気柵の設置

経費の4分の1以内の補助(上限10万円)
注釈1:ひまわり農協を通じて購入された場合は、さらにひまわり農協から4分の1以内の補助が支給されます。

  • 電気柵の設置(アライグマ、ハクビシン等の小型獣用)

経費の2分の1以内の補助(上限5万円)

  • 防鳥網の設置

経費の2分の1以内の補助(上限5万円)。

  • 捕獲檻の設置

経費の2分の1以内の補助(上限5万円)。
注釈2:捕獲檻設置には、狩猟免許所持者が責任を持って管理されることなどが条件になります。

電気柵、防鳥網の購入を考えている方は、ご購入前に豊川市役所産業環境部農務課またはひまわり農協各支店までご相談ください。
捕獲檻の購入を考えている方は、ご購入前に豊川市役所産業環境部農務課までご相談ください。

有害鳥獣に対する取り組み

「豊川市・豊川市鳥獣被害防止対策協議会の有害鳥獣に対する取り組み」を作成しました。
詳細については、下のファイルをご覧ください。

  • 連絡先
    豊川市役所産業環境部農務課
    電話:0533-89-2138
    ひまわり農協中部営農センター
    電話:0533-85-1234

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

産業環境部 農務課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2138 ファックス:0533-89-2297

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る