このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

境界なきアート展図録

更新日:2013年1月4日

桜ヶ丘ミュージアム開館15周年記念特別展 境界なきアート展 ~響きあうココロヘ~

内容
 本展は通常、美術館などで見る有名画家らの作品以外にも、すばらしい作品が身近に存在していることや、新たな美術活動の取り組みなどを紹介するものです。
 「境界なきアート」(ボーダレスアート)とは、既存の美術概念の枠に収まらない作品や取り組みなどを指します。近年、今まで美術作品として認識されていないボーダーの外に存在していた作品にも芸術的価値を認める機運が高まっています。その分野の一つがアウトサイダーアートで、この地方では豊川養護学校を卒業した辻勇二さんなどが世界で紹介されています。画家の弟子になるなどの正規の美術教育を受けていない彼らの純粋な発想と独特な表現技法は、見る人により身近な感動を与え、既存の美術界が見落としてきた純粋な表現欲求を感じとることができます。
 また、認知症予防に効果的とされる回想法をアートに取り入れた「回想法アート(ライフレヴューアート)」を紹介することも、本展の特色です。高齢者などの人生を聞き取り、美術家が作品化することで、高齢者が人生を振りかえる契機となり、新たな希望を見出す可能性があります。また、作り手である美術家は壮大な人生ドラマを作品化することで、新鮮な感動を表現する機会を得ます。鑑賞者は、文章と具現化された作品をあわせて鑑賞できるため、感動をより共有しやすくなり、そこで新たな交流が始まる可能性があります。
 そのほか、未就学児童のアート作品なども展示します。そこには晩年のピカソが、幼児のように自由な発想で制作したいと望んだ、創造欲求がそのまま形づくられています。今回は地元の昔話をもとに天狗を描いた作品を通して、その無垢な表現を感じていただきます。
 本展で紹介するアート界の新たな取り組みが、これからの美術の在り方を見直す契機となれば幸いです。
(あいさつ文より)

ページ数:112ページ、価格:1300円、刊行年月日:平成21年11月20日

お問い合わせ

市民部 文化振興課
住所:豊川市代田町1丁目20番地の4
電話:0533-84-8411 ファックス:0533-84-8412

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る