このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

一般廃棄物最終処分場

更新日:2020年5月9日

家庭から出される不燃ごみは、収集後、市の不燃ごみ選別施設にて、選別処理(細分化)され、資源物・可燃物・埋立物の3種類に分けられます。一般廃棄物最終処分場は、この埋立物(不燃ごみ残さ等)だけを埋め立てしている場所です。現在、市内にこうした最終処分場が4ヶ所あります。選別処理では再資源化が可能な資源物(鉄やアルミなど)はリサイクルされ、埋立物がさらに減るよう努めています。
最終処分場にはこのほか、可燃物の焼却残さ(灰)のみを埋め立てる焼却灰最終処分場が2ヶ所あります。

埋立処分する廃棄物

不燃ごみの選別残さ、資源のビン残さ及び可燃ごみの焼却灰(2ヶ所の焼却灰最終処分場に埋め立て)
残さ(ざんさ)とは、選別後に資源物や可燃物にならず最終的に残ったもののことをいいます。)

埋立地の構造(準好気性)

廃棄物(埋立物)を早期に分解するため、密閉状態にせず、開放部分から空気が自然に流れるように、集水管とガス抜き管が設置してあります。

埋立工法

  • サンドイッチ方式

埋立物と覆土層が交互になる埋立工法。

  • セル・サンドイッチ方式

埋立物の上や法面(斜めや横面)に土をかぶせて、セル(細胞)状に仕上げます。

環境保全対策

  • 埋立地周辺の河川や地下水の調査などを実施し、埋立地の周辺環境の監視・保全に努めています。
  • 三月田処分場においては、浸出水による地下水汚染防止のため、強固な二重のシートを埋立地全面に敷設しています。
  • 浸出水による河川等の汚濁を防止するため、浸出水処理施設で水を適切に管理・処理しています。
  • また、一宮焼却灰最終処分場においては、平成26年度から処理水の放流先を河川から公共下水道に切り替えています。

浸出水とは、埋立地にしみこんだ雨水などが廃棄物(埋立物)に接触することにより汚染されたものをいいます。)

各最終処分場の紹介

三月田最終処分場

施設案内

処分場のシート監視においては、二重シート間に水を流しこみ、その水質を監視することでシートの破損の有無を確認することができる国内でもめずらしい最新技術の設備が特徴です。水処理においては、さまざまな高度処理設備を採用し、周辺環境にも十分配慮した施設となっています。他には不燃ごみの個人持込の受入を行っています。平成22年度より処分場管理棟に事務所(清掃事業課施設管理係)が設けられ、常時各処理施設の管理運営や保全に努めています。

三月田最終処分場
三月田最終処分場管理棟周辺

施設の概要

所在地 豊川市千両町三月田61番地1
電話番号・FAX

電話:0533-83-2040
FAX:0533-83-2040

埋立対象物 不燃物残さ
埋立処理方式 準好気性セル・サンドイッチ方式
敷地面積 48,200平方メートル
埋立面積 19,000平方メートル
埋立容量 105,000立方メートル
埋立開始期間 平成11年4月から
浸出水処理能力 1日あたり65立方メートル

三月田最終処分場水処理フロー図

詳細はこちら(PDF:313KB)

三月田最終処分場への家庭ごみ(不燃ごみ・危険ごみ・資源)の直接持ち込み

(詳細はこちら)

三月田最終処分場周辺地図

(外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます)

深田最終処分場

施設案内

処分場の汚水処理においては、埋立処分に伴う浸出汚水を完全に処理できるよう、さまざまな高度処理設備を採用し、周辺環境にも十分配慮した施設となっています。

深田最終処分場
深田最終処分場浸出水処理施設

施設の概要

所在地 豊川市千両町深田31番地1
埋立対象物 不燃物残さ
埋立処理方式 準好気性サンドイッチ方式
敷地面積 23,300平方メートル
埋立面積 15,800平方メートル
埋立容量 80,000立方メートル
埋立開始期間 平成3年4月から
浸出水処理能力 1日あたり70立方メートル

深田最終処分場水処理フロー図

詳細はこちら(PDF:371KB)

足山田最終処分場

施設の概要

所在地 豊川市足山田町小金16番地1、16番地3
埋立対象物 不燃物残さ
埋立処理方式 準好気性サンドイッチ方式
敷地面積 5,020平方メートル
埋立面積 4,300平方メートル
埋立容量 17,856立方メートル
埋立開始期間 昭和61年4月から
浸出水処理能力 1日あたり33立方メートル

足山田最終処分場水処理フロー図

詳細はこちら(PDF:290KB)

金野最終処分場

施設の概要

所在地 豊川市御津町金野籠田31番地1
埋立対象物 不燃物残さ
埋立処理方式 準好気性サンドイッチ方式
敷地面積 6,756平方メートル
埋立面積 2,500平方メートル
埋立容量 9,102立方メートル
埋立開始期間 平成6年4月から
浸出水処理能力 1日あたり15立方メートル

金野最終処分場水処理フロー図

詳細はこちら(PDF:308KB)

一宮焼却灰最終処分場

施設の概要

所在地 豊川市上長山町一ノ沢80
埋立対象物 焼却灰
埋立処理方法 準好気性サンドイッチ方式
敷地面積 40,080平方メートル
埋立面積 12,230平方メートル
埋立容量 84,493立方メートル
埋立開始期間 平成11年4月から
浸出水処理能力 1日あたり60立方メートル

一宮焼却灰最終処分場水処理フロー図

詳細はこちら(PDF:589KB)

千両焼却灰最終処分場

施設の概要

所在地 豊川市千両町下ノ市場129
埋立対象物 焼却灰
埋立処理方式 準好気性サンドイッチ方式
敷地面積 11,274平方メートル
埋立面積 8,570平方メートル
埋立容量 24,641立方メートル
埋立開始期間 平成3年4月から
浸出水処理能力 1日あたり30立方メートル

千両焼却灰最終処分場水処理フロー図

詳細はこちら(PDF:72KB)

各最終処分場等施設(位置図)

地図はこちら(PDF:49KB)

処分場ごとの水質検査分析結果一覧(平成25年度値)

処分場ごとの水質検査分析結果一覧(平成26年度値)

処分場ごとの水質検査分析結果一覧(平成27年度値)

処分場ごとの水質検査分析結果一覧(平成28年度値)

処分場ごとの水質検査分析結果一覧(平成29年度値)

処分場ごとの水質検査分析結果一覧(平成30年度値)

処分場ごとの水質検査分析結果一覧(令和元年度値)

・問合せ先:三月田最終処分場/電話:0533-83-2040

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

産業環境部 清掃事業課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2166 ファックス:0533-89-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る