このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

たばこと健康について

更新日:2023年12月26日

たばこの害について

  • タバコの煙の中には約5300種類の物質が含まれており、そのうち約70種類は発がん性物質です。
  • 代表的な有害物質には、ニコチン、一酸化炭素、タールの他、カドミウム、ヒ素、アンモニア、シアン化水素、さらにはダイオキシンなどがあります。
  • ニコチンには、依存性があるほか、血管収縮作用や胃酸の分泌促進作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こします。
  • 一酸化炭素は、血管内皮を傷害して動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。また、ヘモグロビンとの結合力は酸素の約250倍も高く、酸素の運搬を妨害するため、持久力や作業能率が低下します。

(厚生労働省「禁煙と健康」「禁煙支援マニュアル」から一部抜粋)

受動喫煙の害について

 タバコを吸わない人が知らず知らずのうちにタバコの煙を吸っていることを受動喫煙といい、最近問題になっています。喫煙している人のそばにいると、タバコを吸わない人までタバコの害を受けるからです。

受動喫煙でなぜタバコの害を受けるのか

タバコに火をつけたとき、先から立ちこめる煙を「副流煙」、喫煙者が吸い込む煙を「主流煙」と呼びます。副流煙はアンモニアなどの刺激性ガスを多く含み、目や咽頭の粘膜に刺激を与えます。また、副流煙はタール、ニコチン、一酸化炭素などの有害物質が主流煙に比べて、数倍も濃度が高いのです。換気の悪い部屋で喫煙すると、室内の空気がタバコの煙で汚染され、周囲の人のがん、心臓病等のリスクが増大するなど受動喫煙によってタバコを吸わない人の健康まで脅かされます。とくに、感受性の高い新生児、幼児、学童、老人、呼吸器疾患の人に対する影響は気をつけなければいけません。

平成30年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、段階的に施行され令和2年4月1日に全面施行されました。
豊川市の受動喫煙対策のページで詳細をご確認ください。

禁煙を希望する方のサポートについて

保健師による健康相談

自分自身の健康を守るため、また周囲の人の健康を守るために、禁煙について考えてみませんか?
保健センターでは、禁煙やタバコに関する相談を「保健師による健康相談」で対応します。禁煙など関心のある方は、申し込んでください。

健康相談

厚生労働省ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。たばこと健康に関する情報ページ

愛知県ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県たばこ対策情報 無煙環境の実現を

お問い合わせ

子ども健康部 保健センター
所在地:442-0879
豊川市萩山町3丁目77番地の1・7
電話:0533-89-0610 ファックス:0533-89-5960

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る
AIチャットボット
閉じる