このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

「広報とよかわ」2017年9月号(MY COLOR)

更新日:2017年9月1日

MY COLOR

きらっと☆とよかわっ!輝くひとVol.30
さまざまな分野で活躍する豊川市出身のトップランナーを紹介します

期待に応えられる競輪選手になりたい

〈競輪選手〉高橋 智香さん

高橋智香さんの写真1

今年7月にプロデビューを果たした、豊川市出身で初の女子競輪選手・高橋智香さんにお話を伺いました。

3歳から水泳を始め、小学6年生の時には、全国大会へ出場するほどだった高橋さん。高校では新しいことを始めたいと、さまざまな部活動を見学。部の雰囲気の良さと、仲の良い先輩がいるという理由で、自転車部へ入部した。

入部当初は、競技用自転車をうまく運転できず、日々の練習についていくことで精一杯だった。そんな中、高校1年生の夏、自転車競技を志す人たちが集まるガールズサマーキャンプに参加。高い意識を持つ参加者たちに刺激を受け、もっと速くなりたいと、これまで以上に練習に励むようになる。そして、翌年3月には全国大会へ出場するまでに成長。初出場ながら3位に入賞した。「風を切って走る感覚が気持ちよかった。大会の結果に周りの仲間も喜んでくれて、自転車がますます好きになった」と競技にのめり込み、その後も全国トップレベルの成績を残す。卒業後の進路を考えたとき、初出場した全国大会での気持ちが忘れられず、プロを目指す決意をした。

高校卒業後、日本競輪学校へ入学。競輪選手になるための厳しいカリキュラムを毎日こなしていたが、急にタイムが伸びなくなってしまった。次第に速くなっていく仲間を見て、気持ちばかりが焦ってしまっていたという。その状況の中でも、「大変なのは周りのみんなも同じ。がんばらないと」と、通常のトレーニングに加えて、毎朝5時から自主練習を続け、力をつけた。

学校を卒業し、今年5月、晴れて競輪選手に。7月に臨んだ松戸競輪場でのデビュー戦では、好スタートを決め序盤は先頭に立つも、結果は4位。「緊張してしまい、周りが見えなくなってしまった」と悔しさをのぞかせた。

現在は、次のレースに向け、豊橋競輪場で練習を積んでいる高橋さん。「お客さんが応援してくれるから競輪選手は走ることができる。目標は、皆さんの期待に応えられる選手になること」と話す。目標に向かって、ペダルを踏み続ける姿をこれからも応援していきたい。

プロフィール

高橋 智香(たかはし ちか)

東部小、東部中、桜丘高校、日本競輪学校を卒業。高校在学中には、豊橋競輪場のガールズケイリン育成プロジェクトへ参加。2017年5月、競輪選手に登録し、7月に松戸競輪場(千葉県)でデビュー。2017年7月1日現在、女子競輪選手の登録数は、全国で111人。豊川市出身は初。

お問い合わせ

企画部 秘書課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2121 ファックス:0533-89-2124

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る