このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

大森運夫 豊川市桜ヶ丘ミュージアム所蔵 作品集

更新日:2014年7月28日

内容
 大森運夫は、1917(大正6)年、八名郡三上村(現・豊川市三上町)で生まれた、郷土を代表する日本画家です。
 広島高等師範学校を病気のため中退後、豊川市や豊橋市で教鞭をとりますが、33歳の頃、当時新進作家として脚光を浴びていた中村正義の影響で日本画を描き始め、翌年には第15回新制作展に初入選を果たします。その後、新制作協会・創画会を中心に活動を続け、主に人物を主題に作品を制作してきました。そのモチーフは漁民や祭、おばこ、ロマネスク、人形浄瑠璃、世紀末シリーズ、そして再びロマネスクと変遷しますが、人間の根底にひそむ強い生命力や祈りを一貫したテーマとしています。
 このカタログは、平成21年度に大森氏から作品を受贈したことを記念して開催する「受贈記念 大森運夫展」(平成22年7月22日~8月7日)を記念して刊行するもので、現在、豊川市桜ヶ丘ミュージアムが所蔵する大森運夫作品の全てを掲載し、郷土を代表する氏の画業を紹介するものです。(あいさつ文より)

大森運夫カタログ表紙

ページ数:36、価格:500円、刊行年月日:平成22年7月

お問い合わせ

市民部 文化振興課
所在地:442-0841
豊川市代田町1丁目20番地の4
電話:0533-84-8411 ファックス:0533-84-8412

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • よくある質問
  • 情報が見つからないときは

お気に入り

編集


サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る