このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

生ごみ消滅容器「キエーロ」について

更新日:2020年6月23日

キエーロとは

キエーロとは、神奈川県葉山町にお住いの松本信夫さんが開発した、土の中にいる微生物の力で生ごみを分解する生ごみ処理機です。

構造はいたってシンプルで、大きめの木枠に土を入れ、透明な板で屋根を風が通るようにつけるだけです。

キエーロの特徴

・使い方は土の中に生ごみを埋めるだけ。
・土の中にもともといる微生物の力で分解するため、特別な基材や電気代は一切かかりません。また、土が増えることもありません。
・虫や臭いが発生しにくいです。
・生ごみが分解されたあとの土は養分を含んでおり、堆肥としてお使いいただけます。(ただし、堆肥として使った分の土は補充が必要です。)

キエーロの使い方

1.庭や畑などなるべく日当たりが良く風通しの良い場所にキエーロを設置する。
2.キエーロの8分目くらいまで土を入れる。
3.深めに掘り返して生ごみを投入し、土とよく混ぜ合わせる。
4.上から乾いた土をかぶせ、生ごみを完全に覆う。(虫や臭いを防ぐポイントです)
5.埋める場所を変えながら3と4を繰り返す。

詳しくはキエーロの使い方の手引きをご覧ください。

生ごみが分解するまで

生ごみを分解する微生物の活動には温度が大切なため、分解するまでに、夏季なら5日程度、冬季だと10日から2,3週間程かかる場合があります。
寒い冬季は微生物の活動が鈍くなり、処理能力が落ちることがありますが、暖かくなればまた活動は活発になります。

キエーロ購入費の補助金について

豊川市では家庭から出る生ごみの減量を図るため、キエーロの購入の際に補助金を交付しています。
詳しくはこちらをご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

産業環境部 清掃事業課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2166 ファックス:0533-89-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る