このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

~未来技術の社会実装と地域における新産業の集積を目指して~東三河ドローン・リバー構想推進協議会

更新日:2021年8月2日

豊川市及び新城市では、ドローンやエアモビリティ(空飛ぶクルマ)に関する新産業の集積に向けた取組を進めています。令和元年度は、準備期間として「ドローンを活用した地域社会の実現に向けた官民連携検討準備会」を設立し、ドローン・エアモビリティの利活用に関する意見交換やシンポジウム、実証実験等を行いました。
この度、未来技術の社会実装を通じた地方創生の深化を図り、ドローン・エアモビリティに関する新産業の集積をはじめとする地域経済の活性化及び地域課題の解決に向けた取組を進めるため、官民で構成する「東三河ドローン・リバー構想推進協議会」を設立しました。
ドローンに関する官民協議会は、県内では愛知県に次ぎ2例目となります。

東三河ドローン・リバー構想推進協議会第3回総会の開催について

令和3年6月7日に東三河ドローン・リバー構想推進協議会第2回総会を開催しました。令和2年度の事業報告・決算及び令和3年度の事業計画・予算等の審議・承認をいただくとともに、本協議会オブザーバーの皆様から国のドローン政策に関して講演いただきました。なお、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を踏まえ、オンラインにて開催しました。

配付資料

第3回総会の様子

東三河ドローン・リバー構想推進協議会第2回総会の開催について

令和3年3月29日に豊川市民プラザにて東三河ドローン・リバー構想推進協議会第2回総会を開催しました。令和2年度の成果報告について、全体概要と、物流、作業省力化、災害対応の3つの研究会から説明がありました。あわせて、第1号議案として「「東三河ドローン・リバー構想」の策定について」が可決されました。

配付資料

第2回総会の様子

東三河ドローン・リバー構想推進協議会設立総会の開催について

令和2年8月1日に東三河ドローン・リバー構想推進協議会設立総会を新城市と共同で行いました。
設立総会は新型コロナウイルスの状況を鑑み、遠方の方も総会に参加できるようリモート配信も行いました。

当日の流れ

当日の様子

地方創生に関する包括連携協定締結式について

また、設立総会と同日に、豊川市、新城市、国際航業株式会社、株式会社トラジェクトリーとの「地方創生に関する包括連携協定締結式」を執り行いました。
本協定は、4者がそれぞれに有する資源を有効に相互活用し、協働による取組を実施することによって、東三河ドローン・リバー構想に基づく新産業の集積を図るなど、当地域における地方創生の実現に資する連携内容を定めたものです。

連携内容

1 詳細地図によるドローン管制インフラ構築に向けた協働研究に関すること
2 地域経済の発展に関すること
3 地域住民及び地元企業との協働に関すること
4 防災対策の推進に関すること
5 産業用ドローンに関する教育・学習の推進に関すること
6 その他、地方創生の実現に関すること

協定締結式の様子


(左から)
穂積新城市長
竹本豊川市長
土方国際航業株式会社代表取締役社長
小関株式会社トラジェクトリー代表取締役社長

旧黄柳野小学校の貸借契約締結式について

 また、新城市と株式会社トラジェクトリーは、包括連携協定の締結に加えて、新城市の旧黄柳野小学校の一部を株式会社トラジェクトリーに無償で貸し出し、東三河ドローン・リバー構想に基づく新産業の集積に寄与するとともに、当地域での人材育成等を進めていくことを定めた旧黄柳野小学校の貸借契約締結式を執り行いました。

東三河ドローン・リバー構想推進協議会について

東三河ドローン・リバー構想推進協議会とは

 未来技術の社会実装を通じた地方創生の深化を図り、ドローン・エアモビリティに関する新産業の集積をはじめとする地域経済の活性化及び地域課題の解決に向けた取組みを推進する目的で設立した官民連携の協議会です。

研究会について

研究会には、物流、作業省力化、災害対応の3つの研究会を設置し、それぞれの分野ごとに社会実装モデルの構築に向けた具体的な事業を推進します。

1 物流研究会
過疎地域や河川での3D飛行ルートの構築、輸送サービスの効率化など
2 作業省力化研究会
農業及び林業におけるセンシング、物資輸送、獣害被害把握、工事・測量等の安全確保など
3 災害対応研究会
災害初動体制の構築など

協議会情報

東三河ドローン・リバー構想ロゴマークについて

東三河ドローン・リバー構想の普及啓発及び東三河ドローン・リバー構想推進協議会会員による東三河ドローン・リバー構想に関する取組等の普及啓発を目的に、「東三河ドローン・リバー構想」ロゴマークを作成しました。

<<参考>> ロゴマークのコンセプト
豊川の象徴である川の水と新城の象徴である山を持つ都市同士が協力し合ってドローンを利用して東三河を豊かにするイメージ。ドローン中央の水と山で東三河のイメージを形作っている。

以下のロゴマーク使用規約を参照の上、積極的に活用ください。

ロゴマークは、JPGまたはAIのファイル形式のデータがありますので、使用を希望される場合は協議会事務局まで連絡ください。

入会手続きについて

東三河ドローン・リバー構想推進協議会では、協議会への入会希望者及び研究会への参加希望者を随時募集しています。
協議会への入会を希望される場合は、様式をダウンロードし、必要事項をご記入の上、協議会事務局までご提出ください。
また入会条件や会費等の詳しい情報は、入会案内をご覧ください。

【提出先】 協議会事務局
豊川市 企画部 企画政策課
メール:kikaku@city.toyokawa.lg.jp
郵便番号:442-8601
住所:豊川市諏訪1丁目1番地
電話番号:0533-89-2126
FAX:0533-89-2125

退会手続きについて

東三河ドローン・リバー構想推進協議会から退会を希望される場合は、様式をダウンロードし、必要事項をご記入の上、協議会事務局までご提出ください。

【提出先】 協議会事務局
豊川市 企画部 企画政策課
メール:kikaku@city.toyokawa.lg.jp
郵便番号:442-8601
住所: 豊川市諏訪町1丁目1番地
電話番号:0533-89-2126
FAX:0533-89-2125

実証実験の実施

令和3年3月28日(日曜)に予定されていた実証実験は、天候不順が見込まれたため、前日の3月27日(土曜)午後3時より、新城市旧海老小学校(住所:新城市海老字野辺51-1)にて実施しました。山間部過疎地域での災害時における避難所間の物資輸送を想定した実証実験では、関係者が見守る中、新城市の海老構造改善センターから旧海老小学校グラウンドへの飛行レベル2(目視内での自動・自律飛行)による避難物資の輸送に成功しました。

実証実験の様子

実証実験のご案内

 東三河ドローン・リバー構想推進協議会では、ドローンを活用した各種実証実験を行っています。
現在予定されている実証実験は以下の通りです。

実証実験一覧

今後予定している実証実験一覧
実施時期 実証実験の内容 実施場所

令和3年9月上旬

過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業(LEVO補助事業) 新城市布里

令和3年9月上旬

豊川市総合防災訓練におけるドローンによる災害対応のための映像伝送実証実験 豊川市防災センター

令和3年9月上旬

社会インフラ構造物(ダム)の効率的・効果的な維持管理システムの実証事業 岡崎市雨宮町

令和3年10月下旬

無人飛行ロボット活用促進事業(ドローンを活用した港湾定期点検モデルの検証) 豊川市御津1区

令和3年10月下旬

御津臨海部における災害時を想定したドローン実証実験 豊川市御津2区

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

企画部 企画政策課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2126 ファックス:0533-89-2125

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る