このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

年金生活者支援給付金について

更新日:2019年9月6日

国が令和元年10月から消費税率改正を行うことにより、公的年金等の収入や所得額が低い方の生活を支援するために上乗せして支給するものです。

年金生活者支援給付金の種類

老齢年金生活者支援給付金と補足的老齢年金生活者支援給付金

支給要件
以下のすべての条件に該当すること
・65歳以上で老齢基礎年金を受給していること
・請求する方の世帯全員の市町村民税が非課税であること
・前年の年金収入額とその他の所得額の合計が879,300円以下であること

給付額
・月額5,000円を基準とし、国民年金保険料納付済期間及び国民年金保険料免除期間に応じて算出

障害年金生活者支援給付金

支給要件
以下のすべての条件に該当すること
・障害基礎年金を受給していること ※1
・前年の所得が4,621,000円+扶養親族の数×38万円以下であること ※2

※1旧法の障害年金、旧共済障害年金であって、政令で定める年金についても対象となります。
※2同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

給付額
・障害等級2級 月額5,000円
・障害等級1級 月額6,250円

遺族年金生活者支援給付金

支給要件
以下のすべての条件に該当すること
・遺族基礎年金を受給していること
・前年の所得が4,621,000円+扶養親族の数×38万円以下であること ※

※同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

給付額
・月額5,000円
・2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合、5,000円を子の数で割った金額をそれぞれに支給

年金生活者支援給付金が支給されない場合

以下のいずれかに該当した場合、年金生活者支援給付金は支給されません。1または3に該当した場合、必ず届出が必要となりますので、日本年金機構にご相談ください。

1.日本国内に住所を有してない。
2.年金が全額支給停止となっている。
3.刑事施設等に拘禁されている。

請求の手続き

平成31年4月1日以後に基礎年金を請求し支給要件を満たす可能性のある方は、基礎年金の裁定請求時に、同時に認定請求をします。
平成31年3月31日以前から基礎年金を受給し支給要件を満たす可能性のある方は、令和元年9月より順次日本年金機構から認定請求の書類が届く予定です。

支給開始時期

年金生活者支援給付金のお支払いは正常に手続きが完了された方から
10月11月分を令和元年12月に年金と同じ口座に年金とは別に支給されます。
令和2年1月以降に請求をされた場合は翌月からのお支払いとなります。
※要件を満たした時点まで遡って支給されることはありませんので、お早めにお手続きをお願いします。

お問い合わせ先

詳細については、
日本年金機構のホームページをご覧ください。

お電話でのお問い合わせ
給付金専用ダイヤル 0570-05-4092(ナビダイヤル)
豊川年金事務所 0533-89-4042
基礎年金番号またはマイナンバーのわかる書類をお手元にご用意いただけるとスムーズにお問い合わせが出来ます。

お問い合わせ

福祉部 保険年金課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2135 ファックス:0533-89-2172

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る