このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊川市スポーツ振興計画(改訂版)(案)に対する意見募集の結果について

更新日:2015年2月27日

案件名

豊川市スポーツ振興計画(改訂版)(案)

意見等の募集期間

平成27年1月16日(金曜日)から2月15日(日曜日)まで

提出された意見等の概要

  意見等
1

 総合型地域スポーツクラブの育成について
 さらなる推進に反対します。
 音羽地区にできてから10年たちますが、旧豊川市地区には1つのクラブも作られていません。このことは、何を意味するのでしょうか。10年たっても結果を出せない事業は、本来見直しされて当然と考えます。

2

 温水のウォーキングコースを作ってください(ゆうあいの里・本宮の湯のちかくで)
 高齢になると、ひざの痛みが出て歩行に困難が生じることが多くなります。「80歳まで健康に」という目標をかかげるなら、60歳以上の元気な方を増やしていかなければなりません。医学的にも効果が実証されています。
 (サポート方法:コミュニティバスの活用・専用の路線づくり)

3

 地区市民館の活用
 高齢化率が高まるとの予測があります。運転免許を返上するようになる方が、スポーツに親むことができるように住まいの近くに施設があり、使いやすくなっていることが重要です。
 公共施設の適正配置が計画されていますが、その際にもこのことが考慮されるべきです。
 利用に関する費用が公民館より高いところがある。冷暖房費が別途必要。地区によっては、無料のところがある。
 豊川市民としての公共性を考えると、もう少し改善の余地があるのではないか。
 計画案のP14には、「仲間がいなくてもできるスポーツを行う人も増やし、本計画の最終目標値である『成人の週1日以上のスポーツ実施率50%』に近づけていく必要があります」というように、1人または少人数の場合、利用料のことは、大きく関係してくると思います。
 この計画を推進するためにも、改善を求めます。

4

 生涯スポーツとは
 「スポーツ」という概念について→もっと広げて考えよう。
 先日、中日新聞に次のような記事がありました。
 「スポーツとは気分転換の一種」(室伏広治さん)
 「ジャージに着替え、汗を流すことだけがスポーツではない。もっと手軽なもの。」
 「カラオケだって横隔膜を使う運動。10分歌い続けたら大変でしょう。体を使って、気分転換したときに違う考えが出たり、次のエネルギーが生まれることすべてをスポーツと言っていいと思う。」
 コーラス・音楽演奏・演劇・詩吟・園芸作業等いろいろスポーツととらえなおすことができます。
 次回アンケートをされるときには、スポーツの例として出していただければ、数値はかなり違う結果となると思います。

提出された意見等の数

提出方法 人数

件数

直接持参 0 0
郵便 0 0
ファクシミリ 1 4
電子メール 0 0
合計 1 4

意見等に対する実施機関の考え方

  意見等 市の考え方
1

 総合型地域スポーツクラブの育成について
 さらなる推進に反対します。
 音羽地区にできてから10年たちますが、旧豊川市地区には1つのクラブも作られていません。このことは、何を意味するのでしょうか。10年たっても結果を出せない事業は、本来見直しされて当然と考えます。

 総合型地域スポーツクラブの設立・育成に関しては、平成22年3月に策定をした本計画において位置づけをしたところです。
 今回は、計画期間の10年の中間年次における見直しであることから、今後の5年間において、進捗状況を見極めてまいります。
 また、次期計画の策定の際には、取組み結果を検証し、国・県における上位計画を踏まえながら、地域の特性に応じた方策を検討していきたいと考えております。

2

 温水のウォーキングコースを作ってください(ゆうあいの里・本宮の湯ちかくで)
 高齢になると、ひざの痛みが出て歩行に困難が生じることが多くなります。「80歳まで健康に」という目標をかかげるなら、60歳以上の元気な方を増やしていかなければなりません。医学的にも効果が実証されています。
 (サポート方法:コミュニティバスの活用・専用の路線づくり)

 現在のところ、新たな温水のウォーキングコースを整備する計画はありません。
 温水プールを備えた、小坂井B&G海洋センターなど、既存施設の有効活用をさらに図るとともに、いただいたご意見は、今後の事業の取組みにあたり参考にさせていただきます。

3

 地区市民館の活用
 高齢化率が高まるとの予測があります。運転免許を返上するようになる方が、スポーツに親しむことができるように住まいの近くに施設があり、使いやすくなっていることが重要です。
 公共施設の適正配置が計画されていますが、その際にもこのことが考慮されるべきです。
 利用に関する費用が公民館より高いところがある。冷暖房費が別途必要。地区によっては、無料のところがある。
 豊川市民としての公共性を考えると、もう少し改善の余地があるのではないか。
 計画案のP14には、「仲間がいなくてもできるスポーツを行う人も増やし、本計画の最終目標値である『成人の週1日以上のスポーツ実施率50%』に近づけていく必要があります」というように、1人または少人数の場合、利用料のことは、大きく関係してくると思います。
 この計画を推進するためにも、改善を求めます。

 利用に関する費用について、いただいたご意見は、今後の事業の取組みにあたり参考にさせていただきます。
4

 生涯スポーツとは
 「スポーツ」という概念について
 →もっと広げて考えよう。
 先日、中日新聞に次のような記事がありました。
 「スポーツとは気分転換の一種」(室伏広治さん)
 「ジャージに着替え、汗を流すことだけがスポーツではない。もっと手軽なもの。」
 「カラオケだって横隔膜を使う運動10
分歌い続けたら大変でしょう。体を使って、気分転換したときに違う考えが出たり、次のエネルギーが生まれることすべてをスポーツと言っていいと思う。」
 コーラス・音楽演奏・演劇・詩吟・園芸作業等いろいろスポーツととらえなおすことができます。
 次回アンケートをされるときには、スポーツの例として出していただければ、数値はかなり違う結果となると思います。

 いただいたご意見は、次回のスポーツに関する市民意識調査の実施にあたり、参考にさせていただきます。

公表する資料は、以下の場所で閲覧することもできます。

資料の閲覧場所

豊川市赤坂町松本250番地
豊川市教育委員会スポーツ課スポーツ係
注意書
 上記場所での閲覧の時間は、土曜・日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く日の午前8時30分から午後5時15分までです。

訂正した内容

意見等により訂正した部分は、ありません。

募集時に公表した資料

テキスト版資料は、ホームページの読み上げソフトをお使いの方等、PDFをご覧になれない方は、テキスト版をご利用ください。(テキスト版には写真、イラスト、地図等を掲載しておりません。)

お問い合わせ先

豊川市教育委員会スポーツ課スポーツ係(音羽支所2階)
電話:0533-88-8036

注意書
 お問い合わせの時間は、土曜・日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く日の午前8時30分から午後5時15分までです。

テキスト版資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務部 行政課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2123 ファックス:0533-89-2125

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • よくある質問
  • 情報が見つからないときは

お気に入り

編集


サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る