このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

給付に関する届出

更新日:2016年1月4日

担当係(お問い合わせ先)・・・保険年金課国保給付係(電話:0533-89-2135)

給付に関する届出
(届出は、保険年金課、各支所へ)
給付名 内容 届出に必要なもの
療養の給付 保険証を提示して病院などにかかると、かかった費用から自己負担額を除いた額を国保が負担します。 手続きはありません
食事療養費 入院中の1食の食事にかかる費用のうち、被保険者の方に負担していただく額(標準負担額)を除いた費用を国保が負担します。 手続きはありません
療養費 保険証を提示できず治療を受けたとき、また、コルセットなどの治療用装具代を全額自己負担した場合は、保険年金課に申請していただくことにより、国保で審査、決定した額から自己負担分を除いた額を支給します。
  • 保険証
  • マイナンバーのわかるもの(個人番号カード・個人番号通知カードなど)
  • 預金通帳
  • 治療費(補装具)の領収書
  • 医師の意見書(補装具の場合)
  • レセプト(実費の場合)
高額療養費 1か月の医療費の自己負担が高額になったとき、限度額を超えた分について、国保が支給します。(対象の方には申請書を送ります。)
  • 保険証
  • マイナンバーのわかるもの(個人番号カード・個人番号通知カードなど)

  • 預金通帳
  • 医療機関に支払った一部負担金の領収書(原本またはコピー)

限度額適用認定証
認定証の交付を受け、医療機関に提示することにより、支払いが高額療養費の自己負担限度額までになります。

  • 保険証
  • マイナンバーのわかるもの(個人番号カード・個人番号通知カードなど)
移送費 医師の指示による移送のための費用を国保が必要と認めた場合に支給します。
  • 保険証
  • マイナンバーのわかるもの(個人番号カード・個人番号通知カードなど)

  • 預金通帳
  • 移送にかかった費用の領収書
  • 医師の意見書
出産育児一時金

被保険者が出産したとき、40.4万円を支給します。
平成26年12月31日以前に出産した方は39万円を支給します。
注記:産科医療保障制度に加入している分娩機関で出産した場合は42万円

  • 保険証
  • マイナンバーのわかるもの(個人番号カード・個人番号通知カードなど)
  • 預金通帳
  • 出産した医療機関等の領収書または明細書
葬祭費 国保の加入者が死亡したとき、葬祭を行った方に5万円を支給します。
  • 保険証
  • マイナンバーのわかるもの(個人番号カード・個人番号通知カードなど)
  • 預金通帳
  • 喪主の確認ができる書類(火葬許可証等)
結核医療付加金 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第37条又は第37条の2にかかる患者の自己負担額を支給します。 手続きはありません
注記1:申請書類に住所・氏名がすでに印字されている場合は、印鑑が必要です。

お問い合わせ

福祉部 保険年金課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2135 ファックス:0533-89-2172

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • よくある質問
  • 情報が見つからないときは

お気に入り

編集


サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る