このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊楽「観光・まつり」

豊川市は、若葉祭やどんきなどの祭りを始めとして、歴史ある祭りが今なお、数多く行われています。
また、豊川市民まつり「おいでん祭」や「手筒まつり」などは、豊川市民だけでなく、市外からも多くの人が見物に訪れます。

豊川市の祭り(詳細情報)

若葉祭

牛久保八幡社の祭礼で、笹踊りに随行する「やんよう神」がところかまわず寝転がる姿がユニークであり、天下の奇祭として知られています。
県の文化財に指定されています。

⇒若葉祭の詳細はこちら

風まつり

風に対する民間信仰をもとに、風に霊験あらたかな神社として菟足神社を位置づけ、例祭を「風の神様のお祭り」と呼ばれ、「風まつり」というようになったと考えられています。
現在は、雀射初などに代表される一般の神事と、手筒花火・仕掛け花火に代表される余興などで構成され、市の無形民俗文化財に指定されています。

⇒風まつりの詳細はこちら

砥鹿神社例大祭

装束に身を包んだ少年が五色の布引きを両手に持ち、100メートル余りのコースの境内を疾走する流鏑馬神事を始め、雅やかに古式ゆかしく執り行われるみこし渡御の儀式、そして愛らしい子供たちの稚児行列など、境内のあちこちで多彩な行事が行われます。

⇒砥鹿神社例大祭の詳細はこちら

市民まつり「おいでん祭」

市民おどら舞コンテストやフリーマーケットなどが行われる、市民最大級のイベントです。
毎年10万人以上の人出で賑わいます。

雨乞いまつり

宮道天神社の祭礼で、江戸時代大干ばつのときに雨乞いをしたところ大雨が降ったことから始まったといわれています。
山車や神輿渡御などがあり、中でも地元の青年が花魁や武士、娘などに扮する「歌舞伎行列」は、この祭りの目玉です。

⇒雨乞いまつりの詳細はこちら

市民まつり「豊川手筒まつり」

昭和63年、市制45周年を記念して始まった市民の祭典です。豊川をはじめ東三河地方に古くから伝わる手筒煙火が3時間にわたって披露されます。

⇒市民まつり「豊川手筒まつり」の詳細はこちら

どんき

秋葉三尺大権現の火防大祭の中で行われる行事で、白狐、赤天狗、青天狗が子どもを追い回し、捕まえては紅ガラを身体に塗りつけます。紅ガラを塗り付けられた人は無病息災が得られると言い伝えられています。

⇒どんきの詳細はこちら

赤塚山公園

水の広場、ぎょぎょランド、アニアニまある、市民のスクエア、昆虫の森など多彩な施設があり、季節を問わず、子どもから大人まで楽しめます。

⇒赤塚山公園の詳細はこちら

本文ここまで

サブナビゲーションここから

豊かなまち 豊川市「光・緑・人 輝くとよかわ」

  • よくある質問
  • 情報が見つからないときは

お気に入り

編集


サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る