このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

「広報とよかわ」2018年6月号(MY COLOR)

更新日:2018年6月1日

MY COLOR

きらっと☆とよかわっ!輝くひとVol.39
さまざまな分野で活躍する豊川市出身のトップランナーを紹介します

自分のスタイルは自然体でレースに臨むこと

〈ボートレーサー〉一色 雅昭さん

一色雅昭さんの写真1

幼い頃から運動が好きだったと話す一色さん。競艇との出会いは小学生の時。競艇選手だった叔父のレースを見に行ったことがきっかけだった。厳しい世界であることは聞いていたが、競艇への思いは次第に強くなっていった。
高校卒業後、4年にわたる挑戦の末、倍率40倍にもなるボートレーサー養成所の試験に合格。競艇選手としての一歩を踏み出した。訓練生活では、厳しい規律の中、学科や実技が分刻みで決められており、ボートの操作やモーターの組み立て、プロペラの調整など、レースに必要な知識や技術を学ぶことになる。
訓練生活が10カ月を経過し、デビュー戦に向けて実践的な練習を積む最中、選手生命を左右する大きなアクシデントが起きる。コーナーで旋回中にボートが転覆し、後続のボートに体を直撃される事故に見舞われた。目の近くの神経を損傷し、一時はプロになるのは難しいと医師から宣告されるも、家族の支えもあり、事故から3カ月の入院生活を経て再び養成所に戻ることができた。「プロを目指した時点で怪我は覚悟していた。諦めることは考えていなかった」と話す。
そして、迎えたデビュー戦。蒲郡競艇での初戦は4着。ボートの上からは、観客席で応援する友人たちの顔が見えていたという。「結果よりも、レースに出場できたことが嬉しかった」。3年後、28歳で初優勝。さらに、1996年には成績上位者が争うG1レースに初出場、2014年には通算1千勝を達成する。「怪我を恐れて消極的になり過ぎてもダメですし、勝ちたい気持ちが先行し過ぎても怪我をしやすくなる。バランスを保ち、自然体でレースに臨むことが大事」と語る。
今年で52歳を迎え、レースに出場する傍ら、ベテラン選手として若手の指導に力を入れている。また、モーターボート選手会愛知支部の理事長を務め、ファン向けのイベントをはじめ、場外での清掃など地域貢献活動にも積極的に参加している。
この春、息子がボートレーサー養成所の試験に合格し、自分と同じ道を歩み始めた。「いつかは一緒にレースに出場したい」と話す一色さんの今後を応援したい。

プロフィール

一色 雅昭(いっしきまさあき)

1966年生まれ。平尾小、中部中、豊川工業高校を卒業し、本栖研修所に入所。1991年デビュー、1994年初優勝。1996年G1初出場、2014年には通算1,000勝を達成。2016年からは日本モーターボート選手会愛知支部の理事長を務める。

お問い合わせ

企画部 秘書課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2121 ファックス:0533-89-2124

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る