このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

ヒトパピローマウイルス感染症(HPV・子宮頸がん予防ワクチン)の定期接種について

更新日:2022年6月28日

ヒトパピローマウイルス感染症ワクチンは、子宮頸がんが予防できるワクチンです。対象は小学6年生から高校1年生相当の女子です。標準的な接種期間は、中学1年生となっています。接種にあたっては、有効性、安全性に関する情報をよく理解した上でご検討ください。

予防接種の積極的勧奨について

ヒトパピローマウイルス感染症ワクチンは、平成25年より定期接種の積極的勧奨を控えていました。その後、国の専門部会がワクチンの有効性と安全性を審議し、積極的勧奨を再開することが決定しました。また、積極的勧奨の差し控えによりワクチン接種の機会を逃した方については、あらためて接種の機会をご提供します。
詳細はこちら:ヒトパピローマウイルス感染症(HPV/子宮頸がん予防ワクチン)予防接種の個別勧奨再開について

子宮頸がんとは

日本では、年間約11,000人の方が子宮頸がんにかかり、約2,900人の方が子宮頸がんで亡くなられています。近年、若い世代で子宮頸がんにかかる人が増えており、子宮頸がんのために妊娠できなくなる20代・30代の女性が毎年約1,000人います。
子宮頸がんの原因のほとんどは、性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)の持続的な感染です。子宮頸けいがんの予防方法は、「ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん予防)ワクチンの接種」と「子宮頸がん検診」です。ワクチン接種の効果がより期待できるのは性交渉を経験する前です。

定期予防接種

対象者

小学6年生から高校1年生相当の女子
令和4年度の対象者:平成18年4月2日から平成23年4月1日生まれの女子
標準的な接種対象者は中学1年生の女子です。

接種ワクチン・回数及び接種間隔

現在日本において公費(無料)で受けられるHPVワクチンは2種類(ガーダシル・サーバリックス)あります。
どちらを接種するかは、接種する医療機関で相談してください。

ワクチンの種類 回数・間隔

4価

(ガーダシル)

3回

2か月の間隔をおいて2回接種。3回目は1回目の接種から6か月で行う。

(2回目と3回目の接種がそれぞれ1回目の2か月後と6か月後にできない場合、2回目は1回目から1か月以上、3回目は2回目から3か月以上あける)

2価

(サーバリックス)

3回

1か月の間隔をおいて2回接種。3回目は1回目の接種から6か月で行う。
(2回目と3回目の接種がそれぞれ1回目の1か月後と6か月後にできない場合、2回目は1回目から1か月以上、3回目は1回目から5か月以上、かつ、2回目から2か月半以上あける)

ヒトパピローマウイルスワクチンの接種間隔画像

HPVワクチンの効果

HPVワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。そのことにより、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぎます
HPVワクチンの接種を1万人が受けると、受けなければ子宮頸がんになっていた約70人ががんにならなくてすみ、約20人の命が助かると試算されています。

HPVワクチン接種後に起こりえる症状

HPVワクチン接種後には、多くの方に、接種部位の痛みや腫れ、赤みなどが起こることがあります。まれに、重い症状(重いアレルギー症状、神経系の症状)が起こることがあります。因果関係があるかどうかわからないものや、接種後短期間で回復した症状をふくめて、HPVワクチン接種後に生じた症状として報告があったのは、接種1万人あたり、約10人です。このうち、報告した医師や企業が重篤と判断した人は、接種1万人あたり、約6人です。
ワクチンは合計3回接種しますが、1回目、2回目に気になる症状が現れたら、それ以降の接種をやめることができます。
接種後に気になる症状が出たときは、まずはお医者さんや周りの大人に相談してください。

市内委託機関(要予約)

市内委託医療機関へ直接電話にて予約をお取りください。
市外医療機関で接種を希望される方は、事前の申請が必要です。事前申請をしない場合は、有料になります。申請方法は、ホームページ(定期予防接種を市外医療機関で希望の方へをご覧いただくか、保健センターまでご相談ください。

詳しいHPVワクチン情報について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ヒトパピローマウイルス感染症とは

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。子宮頸がん予防ワクチンQ&A

HPVワクチン自費接種した方の償還払いについて

【問い合わせ先】豊川市保健センター 保健予防係 (電話)0533-95-4801

【保健センタートップページ】

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども健康部 保健センター
所在地:442-0879
豊川市萩山町3丁目77番地の1・7
電話:0533-89-0610 ファックス:0533-89-5960

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • よくある質問
  • 情報が見つからないときは

お気に入り

編集


サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る