このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

【農業者(漁業者)の皆さまへ】新型コロナウイルス感染症に関する各種お知らせ

更新日:2020年7月16日

高収益作物次期作支援交付金について

新型コロナウイルス感染症の発生により、売上げが減少する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶等)について、次期作に取り組む生産者の皆様を支援する農林水産省の制度です。

対象者

次の要件をすべて満たす方
・令和2年2月から4月の間に、高収益作物(野菜・花き・果樹・茶等)について出荷実績がある、または廃棄等により出荷できなかった生産者
・収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入している、または加入を検討している生産者

支援対象品目

野菜・花き・果樹・茶 ※水稲・大豆・麦などは対象となりません。

支援内容及び交付単価

(1)需要対応生産支援(次期作に前向きに取り組む生産者への支援)

《交付単価》
10a当たり5万円
ただし、高集約型経営である施設園芸の交付単価は次のとおり
施設花き、大葉(加温装置又は、かん水装置がある施設):10a当たり80万円
施設栽培のマンゴー、おうとう、ぶどう (加温装置又は、かん水装置がある施設):10a当たり25万円
《交付対象面積》
高収益作物の次期作において、次の国が定める取組ア~オのうち2つ以上を実施する面積
(エとオは同時に選択できません。)
ただし、高集約型経営である施設園芸(10a当たり80万円、10a当たり25万円)の場合は、ア~ウのうち2つ以上を実施する面積
《国が定める取組》
ア 生産・流通コストの削減に資する取組
イ 生産性または品質向上に要する資材等の導入に資する取組
ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組(例:土壌改良剤等を購入して圃場に施用する)
エ 作業環境の改善に資する取組
オ 事業継続計画の策定の取組

(2)需要促進支援(需要促進に取り組む生産者への支援)

《交付単価》
10a当たり2万円 ※下記のア~ウの取組ごと
《交付対象面積》
高収益作物の次期作において、国が定める取組のうち1つ以上を実施する面積
《国が定める取組》
ア 新たに直販等を行うためのホームページ作成等の環境整備
イ 新品種・新技術導入に向けた取組
ウ 海外の残留農薬基準への対応または有機農業、GAP等の取組

申請時に必要な提出書類等

1 申請書等(エクセル:26KB)
  記入例(エクセル:39KB)
2 面積等整理表(参考様式)(ワード:27KB)
3 耕作地の地番、面積がわかる書類 ※適当な書類がない場合は、「2 面積等整理表(参考様式)に耕作地の情報を記入していただき提出をお願いします。
4 ハウスで栽培している場合は、ハウスの面積がわかる書類
5 令和2年2月から4月までの間に出荷したことが証明できる書類(出荷伝票等)
6 認印

申請受付(そさい関連および産直のみの出荷者など)

申請受付の日時等を相談させていただきますので事前予約のご連絡を豊川市産業環境部農務課(電話0533-89-2138)までお願いします。

豊川市農業等継続支援補助金について

制度の概要

豊川市では、新型コロナウイルス感染症拡大による農業者・漁業者への影響を考慮し、市内農業者・漁業者に対し「豊川市農業等継続支援補助金」を交付することにより継続的な事業を支援します。

対象者の要件

次の要件をすべて満たす方
・豊川市で農業・漁業を営む個人・法人の方
・令和2年度の固定資産税のうち、農業用及び漁業用の償却資産が課税されている方

補助金の対象額

令和2年度の固定資産税のうち、農業用及び漁業用の償却資産の税額相当分

お手続きの流れ

必要書類は下記のとおりです。
〇個人の方
1.豊川市農業等継続支援補助金交付申請書(様式第1号)
2.令和元年度 所得税の確定申告書第1表の写し等
3.令和2年度償却申告書・種類別明細書(控用)の写し【※1】
〇法人の方
1.豊川市農業等継続支援補助金交付申請書(様式第1号)
2.農業、漁業を事業としていることを記載されている定款の写し
3.令和2年度償却申告書・種類別明細書(控用)の写し【※1】

※1 同封した令和2年度償却資産申告書の種類別明細書です。農業用または漁業用の償却資産を特定してください。

申請受付の日程及び会場

・窓口による申請の場合(土・日を除く)
7月3日(金曜)から7月17日(金曜)の午前9時から午後4時は、豊川市役所北12会議室申請窓口
7月20日(月曜)から12月28日(月曜)の執務時間中は、豊川市役所農務課窓口
・郵送による申請の場合
12月28日(月曜)までに「〒442-8601 豊川市諏訪1-1 豊川市役所 農務課 豊川市農業等継続支援補助金担当 行」まで郵送

新型コロナウィルス感染者発生時の対応・業務継続に関するガイドラインについて

農林水産省は、新型コロナウイルス感染症に係る現状に鑑み、農業者や雇用従業員、集出荷施設等で作業に従事している農業関係者に新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合の対応について、感染拡大防止を前提として、農業関係者の健康保護とともに農業者の営農や産地での生産体制に支障が生じないよう、事業継続を図る際のポイントをまとめたガイドラインを策定しました。
本ガイドラインは、
(ア)予防対策の徹底
(イ)感染者や濃厚接触者への対応
(ウ)施設設備等の消毒の実施
(エ)業務の継続
の4つの観点から整理したものであり、生産者及び食品事業者等の経営・操業を維持するためのもので、詳細は、以下のリンクから農林水産省ホームページを御覧ください。
新型コロナウィルス感染者発生時の対応・業務継続に関するガイドライン(農林水産省HP)<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に関する融資制度の相談窓口

日本政策金融公庫では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた農林漁業者等を対象に、農林漁業セーフティーネット資金等特定措置の取り扱いを開始しました。
新型コロナウイルス感染症に関する融資制度の拡充について(日本政策金融公庫HP)<外部リンク>

持続化給付金に関するお知らせ

持続化給付金は、新型コロナウイルスの感染拡大により売り上げが減少した事業者(農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など)に支給される給付金です。
持続化給付金に関する情報は、以下のリンクから経済産業省ホームページを御覧ください。
持続化給付金(経済産業省HP)<外部リンク>

お問い合わせ先
中小企業金融・給付金相談窓口
0570-783183(平日・休日午前9時から午後7時まで)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

産業環境部 農務課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2138 ファックス:0533-89-2297

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

農業振興

  • よくある質問
  • 情報が見つからないときは

お気に入り

編集


サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る